ブログの書き方が分からない人へ|ブログを書くコツ教えます!

どうも、八神 蓮です。

・ブログ記事を書くのが苦痛に感じてしまう…。

・書き方が分からないからどうしていいのか分からない…。

・実際どのくらいの文字数を書けばいいの?

・ブログを書こうと思ってもネタが見つからない、すぐに尽きてしまう…。

・情報発信をする際に、何を書けばいいのか分からない…。

というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

ブログ記事を書くのが苦手とか、記事の書き方がよく分からないという人も多いと思います。

ましてや、始めたばかりの初心者の方は、尚更チンプンカンプンなのではないでしょうか?(笑)

私もネットビジネスを始めたての頃は、よしブログを書こう!と気合を入れて書き始めましたが、最初の数記事で壁にぶち当たりました(笑)

ネタは尽きるは、いまいち書き方は分からないわ、アクセスは全然来ないわで、もう何の何のです…。

ということで今回の記事では、ブログ記事を書く上でのコツや注意点などについてお話していこうと思います。

文章力を身に付けるために重要なのは【量】


まずネットビジネスでは、ほとんどの場合文章を使います。

集客をする上でも、教育をする上でも、セールスをする上でもです。

なので、文章を書くのが苦手だからと言ってそのままにしていてはいけません。

それなりの文章を書けるようにしておく必要があります。

では、どう文章力を身に付ければ良いのか?ということですが、一番手っ取り早いのは、ひたすら書きまくるということです。

上手い人の文章の書き方を見て勉強するのも良いのですが、実践して書き方のコツを身体で覚えたほうが早く身に付きます。

それに質を高めようと思ったら、まずは量が必要です。

最初からホームランを狙うのではなく、コツコツとヒットを狙っていくということが重要なんですね。

最初からホームランを狙っても、ほとんど大振りします。

なので、焦らずに最初はコツコツとヒットを狙っていきましょう。

そうやって練習を重ねていくうちに、いずれ必ずホームランが打てるようになります。

ここで1つ文章を書く上で、あなたに理解しておいて欲しいことがあります。

それは、相手に価値を伝えることさえできれば、文章の書き方に正解はないということです。

もちろん、状況に応じて文章が長いほうが良かったり、短いほうが良かったりする場合もありますので一概には言えませんが、大事なのは、いかに相手に価値を伝えることができるかということです。

例え、10000文字の長文を書いたとしても、

相手に価値を伝えることができなければ意味がありません。

逆に500文字程度の短文でも、相手に価値を伝えることさえできれば、それで良いのです。

文章を書くということは、あくまで手段であり、本当の目的は、相手に価値を伝えることだということを忘れないでください。

文字数の目安ってどのくらい?


先程、相手に価値を伝えることができれば短文でも構わないと説明しましたが、SEO対策をしていくのであれば、やはり長文の方が有利です。

記事のボリュームの目安(文字数)としては、最低でも1000文字以上、できれば、2000~4000文字で1つの記事を作成してください。

その理由は、ゴミ記事を量産したところで稼げないという記事で詳しく説明しているので、ここでは簡単に説明させて頂きます。

なぜ長文の方がいいのか?という一番の理由は、SEOに大きく関わってくるからです。

というのも、検索順位というのは、自分のブログ、サイトに訪れたユーザーがどれくらいの時間滞在していたかということで判断されるからです。

そのため、短文だとどうしてもユーザーの滞在時間が短くなってしまって、ブログやサイト全体の評価を下げてしまう原因になってしまうのです。

なので、SEOを気にするのであれば、最低でも1000文字以上、2000~4000文字、できれば4000文字以上で1つの記事を作成できるとベストだと思います。

記事ネタの見つけ方


次に記事ネタの見つけ方についてですが、これはジャンルによって方法が変わってきます。

なので、使える方法をいくつか載せておきますので参考にしてみてください。

・Yahoo!知恵袋、教えて!gooを活用して疑問や悩みを調べる

・身近で悩んでいる友人、知人にどんなことで困っているのか?どういったことを求めているのか?といったアンケートをとる

・自分の体験や知識をネタにする

・テレビや新聞、雑誌などを活用してネタを探す

・インターネット、SNSを活用してネタを仕入れる

・サジェストキーワード、関連キーワードをチェックする

・他のブログやサイトからネタを探す

情報発信をする上で心掛けるべきこと


ネタが決まったら実際に記事を書いて情報発信をしていくわけですが、情報発信をする際に心掛けるべきことが1つあります。

文章力を身に付けるために重要なのは【量】という項目でも少し触れましたが、それは、しっかりと相手に価値を提供することです。

価値の提供っていうのは、お客さんにとって有益な情報や役に立つ情報などといった価値ある情報のことですね。

じゃあなぜ価値ある情報を提供しなければいけないのか?というと、自分の立場になって少し考えてみてください。

普通に考えて価値がない情報をもっと見たい、価値がない商品、サービスを欲しいなんて思う人ほとんどいないですよね?

見込み客というのは、自分の欲求を満たしてくれる、解消してくれると感じた時に、初めてその情報や商品、サービスを欲しいと思うのです。

なので、相手に価値を与えることができない記事を作成したところで、興味も持たれませんし、意味がないんです。

見込み客に、この人の情報をもっと知りたい、この人がおすすめする商品、サービスなら信用できる、買ってもいいかもと思われるようにするためには、しっかりと価値を与えていかなければいけないんですね。

そもそも、ビジネスとは価値を提供したその対価としてお金をもらうということですから、相手に価値を提供することを絶対に忘れてはいけません。

記事を書く際は、ぜひ価値提供を意識して書くようにしてみて下さい。

まとめ


文章力を身に付けるために重要なのは、

質を高めようと思ったら、まずは量が必要です。

最初からホームランを狙うのではなく、コツコツとヒットを狙っていくということが重要なんですね。

記事のボリュームの目安(文字数)としては、最低でも1000文字以上、できれば、2000~4000文字で1つの記事を作成するということ。

その理由は、SEOに大きく関わってくるからで、検索順位というのは、自分のブログ、サイトに訪れたユーザーがどれくらいの時間滞在していたかということで判断されるため、短文だとどうしてもユーザーの滞在時間が短くなってしまって、ブログやサイト全体の評価を下げてしまう原因になってしまうのです。

記事ネタの見つけ方として使える方法が、

・Yahoo!知恵袋、教えて!gooを活用して疑問や悩みを調べる

・身近で悩んでいる友人、知人にどんなことで困っているのか?どういったことを求めているのか?といったアンケートをとる

・自分の体験や知識をネタにする

・テレビや新聞、雑誌などを活用してネタを探す

・インターネット、SNSを活用してネタを仕入れる

・サジェストキーワード、関連キーワードをチェックする

・他のブログやサイトからネタを探す

などといった方法。

そして、情報発信をする上で心掛けるべきことが、しっかりと相手に価値を提供するということ。

価値の提供というのは、お客さんにとって有益な情報や役に立つ情報などといった価値ある情報のことで、なぜ価値ある情報を提供しなければいけないのか?というと、見込み客というのは、自分の欲求を満たしてくれる、解消してくれると感じた時に、初めてその情報や商品、サービスを欲しいと思うからです。

今回は、ブログ記事を書く上でのコツや注意点などについてお話しましたが、この情報が少しでもあなたの役に立てば幸いです。

メルマガでは、具体的な稼ぎ方や成功法則、ブログでは公開していない情報なども公開しているので、ご興味があれば登録しておいてください。

もちろん、無料です。

八神蓮 公式メルマガはこちら←