ゴールデンボンバーが成功した理由とは?|ゴールデンボンバーから学ぶマーケティング戦略

どうも、八神蓮です。

今や誰もが知っているほど超有名なゴールデンボンバーですが、彼らがここまで成功した理由とは一体何なのか?

今回は、ゴールデンボンバーが成功した理由について迫っていこうと思います。

ゴールデンボンバーとは?


中にはゴールデンボンバーって何?という方もいると思うので簡単に説明しておくと、ゴールデンボンバーは鬼龍院翔さん、喜矢武豊さん、歌広場淳さん、樽美酒研二さんの4人からなるヴィジュアル系エアーバンドです。

エアーバンド?ロックバンドじゃなくて?と思った方もいると思いますが、そうです、エアーバンドです(笑)

エアーバンドということで、ボーカルの鬼龍院翔さん以外のメンバーは一切演奏をしていません。

ライブ中は、プロが演奏した音源をiPodで流しており、鬼龍院翔さん以外のメンバーは楽器のエア演奏を始め、踊ったり、コントをしたり、演奏中にシャンプーハットをかぶって洗髪を始めたり、スイカの早食い、かき氷の早食い、その他様々なネタパフォーマンスを行うなど、まさに破天荒な方々です(笑)

本当に面白いのでゴールデンボンバーを知らないよって人は一度見てみてください。

見ればすぐに人気の秘訣が分かると思います。

ゴールデンボンバーが成功した理由


では、そんな超有名で人気なゴールデンボンバーが成功した理由とは一体どこにあるのでしょうか?

私は間違いなく【目立つ】という点にあったと思います。

先程ゴールデンボンバーは、楽器を演奏しないエアーバンドだとお話しましたが、果たして今まで楽器を演奏しないエアーバンドは存在したでしょうか?

ライブ中は、一切演奏をせずに音源をiPodで流して楽器のエア演奏を行ったり、踊ったり、コントをしたり、その他様々なネタパフォーマンスをしたりと、ここまで前代未聞なことを成し遂げた人は今までにいたでしょうか?

誰もいなかったわけです。

だからこそ、目立つんですね。

人と同じことをしているだけでは絶対に目立ちません。

目立たなければ、どんなに素晴らしい曲を作っても、どんなに面白いことをしても評価されないのです。

評価されないということは、意味がないのと同じになってしまいます。

これは、ビジネスの場合も同じです。

ビジネスというのは、目立ってなんぼです。

あなたがどんなに素晴らしい商品を作ったとしても、ブログ記事を書いたとしても、動画を撮ったとしても、良いこと、タメになること、役に立つことを言ったとしても、それらを見てくれる人がいなければ全く意味がないのです。

なので、目立つことを常に意識してビジネスに取り組んでください。

他人に負けないくらい情報発信するのも良し、変わったことをやって注目を集めるのも良し、キャラを作るのも良しです。

目立つ方法は、探せばいくらでもあるので、どうやったら目立つのか?ということを常に考えながら行動してみてください。

まとめ


ゴールデンボンバーが成功した理由は、【目立つ】という点 にある。

エアーバンドという今まで誰もやらなかったことをやったからこそ良い意味で目立ち、結果としてゴールデンボンバーは成功したのだ。

誰もやらなかったことをやったからこそ目立ったわけで、人と同じことをしているだけでは絶対に目立たない。

目立たなければ、どんなに素晴らしい曲を作っても、どんなに面白いことをしても評価されないのです。

これは、ビジネスの場合も同じで、ビジネスは目立ってなんぼです。

あなたがどんなに素晴らしい商品を作ったとしても、ブログ記事を書いたとしても、動画を撮ったとしても、良いこと、タメになること、役に立つことを言ったとしても、それらを見てくれる人がいなければ全く意味がない。

なので、目立つことを常に意識してビジネスに取り組むようにしてください。

追伸


鬼龍院翔さんは、とあるインタビューの中で「実は戦略家だというように見えるかもしれないが、普段はそんなこと考えていない」と言っていたが、私は間違いなく彼は立派な戦略家だと思っている。

なぜかというと、8秒ライブQRコードによる曲の配信、さらにはつい最近の楽曲&歌詞の無断使用の容認などにも戦略が隠されているからだ。

そしてこれらは、今までの音楽業界から見ても極めて異例となる。

8秒ライブやQRコードによる曲の配信、楽曲&歌詞の無断使用の容認などに隠された戦略については、機会があれば別の記事でお話しようと思うので楽しみにしていてください。