情報商材を買ったのに稼げない、結果が出ないという人の原因とは?

どうも、八神蓮です。

せっかくお金を払って情報商材を買ったのに、全然稼げない、思うような結果が出ない…。という方も多いのではないでしょうか?

情報商材を買ったのに稼げない、結果が出ないという人の原因としては、大きく分けて2つあります。

ということで今回は、情報商材を買ったのに稼げない、結果が出ないという人の原因にフォーカスを当てて、お話していこうと思います。

情報商材を買ったのに稼げないという人の原因は大きく分けて2つある


先程もお話しましたが、情報商材を買ったのに稼げないという人の原因としては、大きく分けて2つの原因が存在します。

その原因というのが、

情報商材そのものが使えない

きちんとやらない、一度しか目を通さない

この2つです。

それでは、1つずつ解説していきます。

情報商材そのものが使えない


まず1つ目の原因の情報商材そのものが使えないということについてですが、情報商材の中には、全く使えないノウハウのものだったり、その時にしか使えないノウハウのもの(陳腐化してしまっているもの)なども存在します。

こういった全く使えない情報商材やその時にしか使えない情報商材を買ってしまった場合というのは、あなたがどんなに頑張って取り組んだとしても絶対稼げません。

この場合は、これ以上大切な時間を無駄にしないためにも潔く諦めたほうが無難です。

では、こういった使えない、稼げない情報商材を買わないためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、購入する前にしっかりとリサーチをしておく必要があります。

しっかりとリサーチをして、ある程度の情報を集めてから購入するようにすれば、使えない、稼げない情報商材を購入してしまうリスクを大幅に下げることができます。

誇大広告に釣られて何も考えずに飛びついていると、必ず痛い目にあうので、情報商材を購入する際はしっかりとリサーチをして十分な情報を集めてから購入するかどうかを判断するようにしましょう。

きちんとやらない、一度しか目を通さない


次に2つ目の原因として挙げられるのが、きちんとやらない、一度しか目を通さないということです。

まず、きちんとやらない、その通りにやらないというのは論外です。

こういう人は、情報商材を買ったら稼げると思い込んでるんですね。

ですが、買ってしっかりと取り組まなければ結果は出ません。

当たり前ですよね?

例えば、マッチョになりたいからジムに入会した、あるいは筋トレグッズを購入した。

でも、ジムに行かない、筋トレもしない、さらには筋トレグッズも使わない。

これで、マッチョになれますか?

なれませんよね?(笑)

痩せるためにダイエットをすることを決意した。

でも、全く体を動かそうとしない、食事のバランスにも全く気を使わない。

これで、痩せることはできるでしょうか?

ほぼ不可能ですよね?

せっかく情報商材を買ったのに、きちんとやらない、その通りにやらないというのは、これと同じことなんです。

買っただけで満足してはいけません。

しっかりとその通りに取り組むようにしましょう。

そして、もう1つの一度しか目を通さないということについてですが、情報商材を購入して一度目を通しただけで終わりにしてしまっていては、結果は出にくいです。

なぜかというと、一通り目を通して理解したつもりでも、実際ほとんど理解できていないことが多いからです。

繰り返し何度も見直して、しっかりとアウトプットしていくことが大切になってくるんですね。

繰り返し何度も見直すことで、一度目では気づけなかった気づきがあったり、インプットしたことを実際にアウトプットしてみて初めて分かることがあるのです。

例えば、数学の方程式を頭で理解したつもりでも、実際に問題を解いて見たら、「しっかり勉強して方程式を頭に叩き込んだつもりなのに全然解けなかった…」ってこと、よくあるじゃないですか?

知識っていうのは、このように頭では分かっていても実際に行動してみるとできないことや行動してみて初めて分かることがあるのです。

なので、一度目を通しただけで終わりにしてしまってはダメなんですね。

結果を出すためには、繰り返し何度も何度も見直して、しっかりと頭に叩き込む必要があるということを覚えておいてください。

まとめ


情報商材を買ったのに稼げないという人の原因としては、大きく分けて、

情報商材そのものが使えない

きちんとやらない、一度しか目を通さない

この2つの原因が存在するということ。

使えない情報商材やその時にしか使えない情報商材を買ってしまった場合というのは、あなたがどんなに頑張って取り組んだとしても絶対稼げません。

使えない、稼げない情報商材を買わないためには、購入する前にしっかりとリサーチをしておく必要があります。

そして、情報商材を買っただけで満足してはいけません。

当たり前ですが、買ってしっかりと取り組まなければ結果は出ないのです。

情報商材を購入して一度目を通しただけで終わりにしてしまってもダメです。

なぜかというと、一通り目を通して理解したつもりでも、実際ほとんど理解できていないことが多いからです。

知識というのは、頭では分かっていても実際に行動してみるとできないことや行動してみて初めて分かることがあるので、繰り返し何度も見直して、しっかりとアウトプットしていくことが大切になってくるのです。

情報商材を購入する際は、しっかりとリサーチをして、そして一度目を通しただけで終わりにするのではなく、繰り返し何度も何度も見直して、しっかりと頭に叩き込むようにしましょう。