LINE@にはビジネスにおいての致命的な欠点がたった1つだけある

どうも、八神 蓮です。

今回は、読者の方から

・リストを集めるためには、LINE@とメルマガどっちを使ったらいいですか?

・LINE@を使うメリットを教えてください。

・LINE@とメルマガの違いは何ですか?

といった質問を頂いたので、LINE@を使うメリット、メルマガとの違いはもちろんのこと、さらにビジネスをする上で非常に優秀な力を発揮するLINE@にも実はビジネスにおいての致命的な欠点がたった1つだけあるので、そこにも詳しく触れていきながらお話していこうと思います。

LINE@を使うことで得られるメリットとは?


 まずLINE@を使うことによるメリットとして以下のようなことがあげられます。

・登録までのハードルが低い

LINE@は、メルマガと比べても非常に登録までのハードルが低いと言えます。

というのも、メルマガは、LPに飛んでもらって、さらにお名前やメールアドレスの登録をしてもらう必要があります。

LPに飛んで、名前やメールアドレスを入力する、この工程をめんどくさいと感じて、登録をやめてしまう方も多いでしょう。

一方、LINE@は、スマホで2タップしてもらうだけで友達に追加することが出来るので、メルマガよりも登録率が高いですし、登録に至るまでのハードルも低いといえます。

・到達率が高い

LINE@のメッセージは、ほぼ確実に相手に届けられるため、メルマガと比較しても到達率がかなり高いです。

LINE@は、メルマガのように配信したメールがいきなり迷惑メールとして迷惑フォルダに振り分けられてしまい、結果メールが届かないという事態になる心配がありませんので、相手にブロックされない限り、確実にメッセージを届けることができます。

・開封率が高い

LINE@は、メルマガと比較しても圧倒的にメッセージの開封率が高いこともメリットの1つです。

メルマガの場合、まず件名を見て、メルマガの本文を見るか、見ないかを決められます。

ここで相手の興味を引けなければ、読まれずに未開封のまま削除されて終わってしまいます。

ですが、現在LINEは、一番のコミュニケーションツールとして浸透しており、一日にメールボックスを開く人よりもLINEアプリを開く人のほうが多いです。

そのため、メッセージが届くと、例え興味がなくても開いてくれます。

LINE@は、ほとんどの人が届いたメッセージを見てくれるという点から、未開封のまま読まれずに削除されてしまうリスクが高いメルマガよりも開封率が高く、優れているといえます。

・1対1のコミュニケーションが取れる

LINE@では、メルマガにはない1対1のコミュニケーションが取れるというメリットもあります。

この1対1のコミュニケーションを上手く活用すれば、読者の方との距離を一気に縮めることができ、強い信頼関係を築くことも難しくありません。

このようにLINE@は、メルマガと比べても非常に使いやすく、優秀です。

ビジネスにおけるLINE@の致命的な欠点とは?


ですが、LINE@にはビジネスにおいて致命的な欠点がたった1つだけあります。

メルマガにあってLINE@にないもの。

 それは、【リスト(顧客情報)を保有できない】ということです。

ビジネスにおいて、このリスト(顧客情報)を保有できないということは、致命的な欠点になります。

各SNS媒体のように、LINE@も何らかのトラブルで消えてしまったら、あるいは消されてしまったら、そこで何もかも全てが水の泡になってしまいます。

ですが、この致命的な欠点を補う方法が1つあります。

それは、リスト(顧客情報)を保有することができるメルマガとLINE@を組み合わせて使うということです。

LINE@とメルマガを連携し、LINE@で集めた読者をメルマガに誘導する。

こうすることで、安全にリストを保有することができますし、万が一LINE@が消されてしまったとしても全く問題ありません。

LINE@にはメルマガにはないメリット、メルマガにはLINE@にはないメリット、それぞれの良さがあります。

そのお互いの良さを合わせることで、欠点を限りなく0に近づけることができるので、LINE@だけ、メルマガだけではなく、どちらも活用することをおすすめします。

まとめ


LINE@を使うことで得られるメリット、メルマガとの違いは、

登録までのハードルが低い

相手にメッセージをほぼ確実に届けることができる

圧倒的にメッセージの開封率が高い

1対1のコミュニケーションが取れる

ということ。

そして、LINE@にはビジネスにおいて致命的な欠点がたった1つだけあり、

それは、 【リスト(顧客情報)を保有できない】 ということ。

この致命的な欠点を補うためには、

リスト(顧客情報)を保有することができるメルマガとLINE@を組み合わせて使う必要があり、LINE@とメルマガを組み合わせることで、お互いの良さが活かされて 欠点を限りなく0に近づけることができる