効率良くリストを集められる情報発信の仕方|見込み客リストの集め方

どうも、八神 蓮です。  

・リストを集めるために集客に力を入れて頑張っているけど、中々集まらない…。

・今よりもっとリストの数を増やしたい…。

・リストってどうやって集めたらいいのか分からない…。

こんなお悩みでお困りの方も多いでしょう。

リスト集めって思っている以上にすごく大変な作業ですよね。

私自身もリスト集めですごく苦労し、大変な思いをしました。

ですが、リスト集めにはいくつかのコツがあって、そのコツをしっかりと理解して行えば、簡単にリストが集められるようになるのです。

ということで、今回は 効率良くたくさんのリストを集められる情報発信の仕方 や押さえておくべき重要なポイントをご紹介していきます。

リストを効率良く集めるために2つのポイントを意識する


まずリストというのは、メルマガLINE@の読者のことですが、リストを効率良く集めるためには、ある2つのポイントがあります。

そのポイントというのが、

自分が決めたジャンルのプロになる

人を動かす【共感力】

この2つです。

では、1つずつ詳しく見ていきましょう!

1. 自分が決めたジャンルのプロになる


まずリストを効率良く集めるため の重要な1つめのポイントについてですが、「自分が決めたジャンルのプロになる」ということです。

情報発信をする上では、自分が決めたジャンルのプロになる必要があります。  

プロと言っても最低限の情報、価値を提供出来るようになりましょう。

ということなので、そこまで難しく考える必要はありませんよ。

では、なぜ最低でもプロにならなきゃいけないのか?と言うと、逆の立場になって考えてみてください。

まともな情報やタメになる情報を発信出来ていない素人の情報をもっと見たい、知りたい、さらにはお金を払いたいと思いますか?

思いませんよね?

そんな素人丸出しの情報より、しっかりとした情報やタメになる情報を発信しているプロの情報のほうがみんなに求められるし、価値があるのです。

なので、素人のままではダメなんですよ。

最低でも、人に価値を提供できるプロになってください。

何を発信すればいいのか分からないという場合には、本やインターネットを活用してください。

本やインターネットを使えば、今の時代いくらでも価値ある情報は入手できます。

そこで学んだことを自分なりの言葉で発信すれば、価値のある情報を伝えることが出来るので、発信できる情報がない、分からないという場合は、本やインターネットを使って知識の吸収をしながら情報発信をしていってください。

2. 人を動かす【共感力】


そして、リストを効率良く集めるための重要な2つめのポイントは、「人を動かす【共感力】」です。

情報発信で大切なのは、いかに共感されるかどうかです。

共感されることで自分のことを好きになってくれるファンが増えたり、効率よくリストを集めることができるようになるのです。

では、情報発信をする上で共感されるために大切なこととは何でしょうか?

それは、情報に「自分の見解や解釈を含ませる」ということです。

ただ調べてそのまま情報を発信するのではなく、そこに自分なりの解釈や例え話を入れながら発信していくということですね。

では、なぜ情報に自分の見解や解釈を含ませなければいけないのか?というと、例えば、最近やっていたニュースについて情報発信をするとします。

ここで情報発信をする時に、「最近こんなニュースをやっていたのですが、このニュースは〇〇さんという方が〇〇という分野において〇〇賞を受賞されたようです。」みたいな、誰にでもできそうな情報発信の仕方ではなく、そこに+αで、「このニュースを見て、私は◯◯や××といった刺激を受けました。」とか「〇〇××なので私はこう思いました。」というような自分の見解や解釈、例え話などを含めながら情報を発信することで、深く共感させたり、価値を与えることが出来るようになります。

つまり、どこでも手に入るような情報には、共感させることはおろか、価値がないのです。

ただの情報に自分の見解を付加することで、その情報が生まれ変わり、新たな価値を生み出すことができるので、ぜひ情報発信をする時は、共感、価値を意識して発信してみてください。

そうすることで驚くほど効率よくリストを集めることができるようになります。

「効率良くたくさんのリストを集められる情報発信の仕方」として、

・ 人に価値を提供できるプロになる

・ 情報に自分の見解や解釈を含ませる

この2つのポイントが重要になります。

この2つのポイントを理解すれば、効率良くリストを集められるようになるので、情報発信をする際は、ぜひ「価値」「共感」を意識して発信してみてください。

集客は人が集まっている場所を狙う


情報発信の仕方が分かったところで、次は実際にリストを集めたり、自分のブログやサイトにアクセスを集めたりするための集客をやっていきましょう。

この集客で躓いてしまうという方は、かなり多いです。

ネットビジネスだけに限らずビジネスや商売の基本は、いかに見込み客を集められるかどうかです。

なので、集客というのは非常に重要なんですね。

どんなに良い商品があっても集客ができなければ、当然お客さんは集まりませんし、商品も売れません。

これでは何の意味もありませんね。

しっかりと利益を発生させるためにも、集客はきちんとできるようにならなくてはなりません。

では、どう集客すれば良いのか?ということですが、

それは、人が集まっている場所で価値ある情報、タメになる情報を発信していくということが必要です。

例えば、今人が集まっている場所をあげるとすると、

・ Twitter

・ Facebook

・ Instagram

・ YouTube

・ ブログ、サイト

などといった媒体があげられます。

集客をする上では、このような人が集まる場所で価値ある情報、タメになる情報を発信していく必要があるんですね。

いくら価値がある情報、タメになる情報を持っていたとしても、人が集まらない場所で情報を発信していては、意味がありませんし、当然集客もできません。

なので、人が集まる場所で価値ある情報、タメになる情報を発信していくということが重要になってきます。

集客をする際は、

・ 人が集まっているか

・ 価値ある情報、タメになる情報を発信できているか

この2つを意識するようにしましょう。

せっかくリストを効率良く集めるための方法を学んだとしても、人がいない所で情報発信をしていたら全く意味がありませんからね(笑)

稼ぐ上で絶対に無視できない三大原則、集客、教育、販売とは?

リストを所有する本当の価値とは?


ここまでで、

・リストを効率良く集めるためのコツ

・集客をする上でのポイント、やり方

についてお話してきましたが、

では、なぜそこまでリスト収集を重要視しているのか?

私は読者の方に日頃からしっかりとリストを集めましょう!と口うるさく言っています。

それはなぜかというと、リストを所有する本当の価値は、何と言ってもプッシュ型の提案が可能になるからです。

プッシュ型の提案が可能になる


プッシュ型の提案というのは、例えると「商品やサービスに興味があるお客さんの家に直接訪問して営業する」ということをイメージして頂くと分かりやすいのではないでしょうか。

自分の商品やサービスに興味がある人をターゲットとしているので、欲しくもない情報を無作為に送りつけるスパムメールのように迷惑がられることがありませんし、こちらから積極的な提案ができるようになります。

こちらからアクションを起こすことによって、リストの数に比例した一定の確率の反応が見込めるのが大きなメリットです。

例えば、コンビニやスーパー、美容室、居酒屋といった店舗であれば、お客さんが来るのをひたすら待つしかありません。

ですが、リストを持っていれば待つ必要がなくなります。

なぜかというと、持っているリストを使ってこちらから来店を促すようアクションを起こせるからです。

このようにリストを所有する本当の価値というのは、ただ来店してくるお客さんをひたすら待つというプル型ではなく、こちらから積極的にアクションを起こすプッシュ型の提案が可能になるということにあるんですね。

リピーター、ファンが増える


そしてもう1つ、リストを所有することで得られるメリットというのが、リピーターやファンが増えるということです。

というのも、ほとんどの人は商品やサービスを一度売ったら後は何のフォローもせずに購入者をほったらかしにしてしまい、次の新規顧客の獲得に躍起になってしまうということが多いですが、商品やサービスを購入した顧客に対して手厚いフォローを繰り返すことで、その顧客がリピーターやファンになってくれたりします。

中には、他の見込み客を連れてきてくれたり、ファンによる口コミなどで新規顧客を集めてくるという効果もあるんですね。

このように、リストを所有する本当の価値というのは、

・プッシュ型の提案が可能になる

・リピーターやファンが増える

ということにあります。

このことから、リストはしっかりと集めておくべきなのです。

リストは、ただ集めればいいというわけではない


リストは、ただ単に増やせばいいというわけではありません。

リストの数は多ければ多いほど良いと思ってしまいがちですが、確かにリストは多いに越したことはありません。

ですが、リストを集める上で重要なのは、数ではなく質で、いかに見込み客となる人たちを集められるかどうかということです。

リストをただ増やすだけなら、リストを購入したりすれば、あっという間にかなりの数のリストを集めることができます。

できますが…、このような方法で集めたリストというのは、所詮数だけなので、質もかなり低いです。

リストの質が低いということは、当然見込み客になる可能性も低いということになります。

どれだけたくさんのリストを集めたとしても、見込み客にならなければ全く意味がありませんし、 はっきり言って、集めるだけ時間の無駄です。

そうならないためにも、見込み客となる可能性がある質の高いリストをしっかりと集めるということが非常に重要になってきます。

さらに、年々質の高いリストを集めるという重要度が高くなっています。

これは、量より質が重要視される時代になってきているということですね。

 なので、リストを集める際は、量より見込み客となる可能性がある質の高いリストをしっかりと集めるということを優先的に意識して、リスト集めをしていくことを心掛けましょう。

まとめ


効率良くリストを集めるためには、

自分が決めたジャンルのプロになる

情報に自分の見解や解釈を含ませる

この2つのポイントを意識する。

集客で重要なのは、

人が集まっている場所で価値ある情報、タメになる情報を発信していくということ。

リストを所有する本当の価値は、

プッシュ型の提案が可能になる

リピーターやファンが増える

ということにある。

リストはただ集めればいいというわけではなく、

重要なのは、数ではなく質で、いかに見込み客となる人たちを集められるかどうかということ 。

今回のこの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。