無料レポートスタンドはもう使えない!?

どうも、八神 蓮です。

先日、読者の方に無料レポートスタンドってまだ使えますか?という質問をもらいました。

無料レポートスタンドは、比較的簡単にリストを集めやすい方法の1つなので、実際のところ無料レポートってまだ使えるのかな?どうなのかな?と気になっている方も多いと思います。

ということで今回は、「無料レポートスタンドは2019年現在でも使えるのか?もう使えないのか?」ということについてお話していこうと思います。

2019年の現在でも果たして無料レポートスタンドは使えるのか?


2019年の現在でも果たして無料レポートスタンドは使えるのでしょうか?

無料レポートスタンドの主な活用方法としては、

情報収集

メルマガ読者(リスト)の獲得

といった2パターンがありますが、結論から申し上げますと、あくまで私個人の意見になりますが、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

昔に比べ、レポートの質も高くなってきているので情報収集として十分活用できますし、リストもそれなりに集まります。

ただ、無料レポートスタンドを活用してリスト集めをするデメリットとして、

読者の質が低い

捨てアドで登録される

ということがあげられます。

読者の質が悪い、捨てアドでの登録、もう最悪です(笑)

これでは、ほとんどリストとしての価値が見込めません。

もちろん、中には質の高い読者もいますし、実際に無料レポートスタンドから集めた読者の中で、商品を購入してくださった方も数多くいらっしゃいます。

ですが、先程も説明したように無料レポートスタンドを使っていくとなると、
読者の質が悪い、捨てアドでの登録、これらのデメリットの壁を乗り越えなくてはなりません。

価値が見込めないリストを集めても、あまり意味がありませんし、時間も無駄にしてしまいます。

では、どうやってデメリットの壁を乗り越えればいいのか?

私が実際にデメリットの壁を乗り越えるために実践している方法をお教えします。

デメリットの壁は【興味】でブチ壊せ


無料レポートスタンドを活用してリスト集めをする上でのデメリットを解消するためには、どうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

興味を持たせればいいのです。

この人のメルマガを読みたい!

少しくらいなら読んであげてもいいかな!

と思わせればいいのです。

では、メルマガを読んでもらうために、どう興味を持たせれば良いのでしょうか?

質が低かったり、捨てアドでの登録では、まずほとんどメルマガは読まれません。

ですが、確実に読まれるものがあります。

そうです、ダウンロードした「無料レポート」です。

いくら質が低かろうが、捨てアドで登録されようが、自分がダウンロードした無料レポートは、ほとんどの確率で目を通します。

勘が鋭い方なら、もうお気づきではないでしょうか?

デメリットを解消する方法は、ほとんどの確率で目を通すであろう無料レポートに興味を持たせる細工をしておくということです。

興味を持たせる細工の仕方としては、無料レポートの内容にあわせて自然にメルマガに興味を持たせるような文章を組み込めれば理想的ですが、難しいという場合は、追伸の項目を作って、そこでメルマガに興味を持たせるような文章を組み込んで細工しても良いと思います。

ただ、この細工をしたからといって、無料レポートスタンドから集めた読者全員の質が100%高くなるわけではありませんので、そこは勘違いしないでくださいね。

まとめ


2019年の現在でも果たして無料レポートスタンドは使えるのかどうかということ関しては、実際に使ってみた私個人の意見として、可もなく不可もなくといったところです。

無料レポートスタンドの主な活用方法としては、

情報収集

メルマガ読者(リスト)の獲得

といった2パターンがありますが、 上手く活用すれば現在でも十分に使えます。

無料レポートスタンドを活用してリスト集めをするデメリットとしては、

読者の質が低い

捨てアドで登録される

ということがあげられます。

このデメリットの壁を乗り越える方法としては、 興味を持たせること。

つまり、

この人のメルマガを読みたい!

少しくらいなら読んであげてもいいかな!

と思わせられるような興味を持たせるということです。

興味の持たせ方としては、ほとんどの確率で目を通すであろう無料レポートに興味を持たせる細工をしておきます。

理想的なのは、無料レポートの内容にあわせて自然にメルマガに興味を持たせるような文章を組み込んでおくということですが、難しいという場合は、追伸の項目を作って、そこでメルマガに興味を持たせるような文章を組み込んで細工しても良いと思います。

今回は、無料レポートスタンドは2019年現在でも使えるのか?使えないのか?ということについてお話しましたが、 上手く活用すれば今でも十分使えますし、無料レポートスタンドは、比較的簡単にリストを集めやすい方法の1つでもあるので、活用しようか迷っていた方、気になっていた方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?