ビジネス成功脳を鍛えよう|成功者と成功者ではない人の差は脳にある

どうも、八神蓮です。

あなたは成功者と成功者ではない人の差がいったいどこにあるのか、ご存知だろうか?

ズバリ、成功者と成功者ではない人の差は脳にあると言える。

歴史に名を連ねる成功者たちには、ある共通点がある。

そう、それは尋常ではないほど脳が鍛えられているということ。

秒速で1億円稼ぐ男で有名なあの与沢翼さんも成功の秘訣は鍛え抜かれた脳にあるとおっしゃっています。

ということで今回は、成功脳を手に入れるためにはどのように脳を鍛えればいいのか?ということにフォーカスを当てながらお話していこうと思います。

物事を違う視点で捉えることを意識する


冒頭でもお話しましたが、成功者と成功者ではない人の差はにあると言えます。

成功できない人間というのは、脳の筋肉がほとんど働いておらず、思考が停止しているのです。

思考が停止していると、日々起こる偶然の出来事から何らかの着想や意思決定を自然に導き出すことができないということになります。

つまりは、セレンディピティが得られないということ。

セレンディピティとは、素敵な偶然に出会ったり、求めずして思わぬ発見をする能力のことで、もっと簡単に言えば、ふとした偶然をきっかけに幸運を掴み取ることです。

このセレンディピティを得られないというのは、非常にもったいないです。

そこで成功するための脳を手に入れるためにも脳を鍛える必要があります。

脳を鍛える上で効率が良いのが、物事を違う視点で捉えるということ。

例えば、ビジネスで例えるなら仕掛ける側仕掛けられる側の2種類がありますが、成功できない人というのは、いつまでたっても仕掛けられる側の視点でしか物事を捉えようとしません。

成功したいのであれば、これでは絶対にダメです。

なぜなら、ビジネスをしていく以上あなたも仕掛ける側の人間にならないといけないからです。

例えば、CM。

仕掛けられる側の視点でしか物事を捉えられない人というのは、CMがやっていても、そのCMをただボケーっと見ているだけで終わってしまいます。

ですが、仕掛ける側の視点で物事を捉えられる人というのは、このCMにはどんな意味があるのだろうか?なぜこの時間帯にこのCMを流すのだろうか?自分だったらどうするだろうか?などといった仕掛ける側の視点で物事を捉えることができるのです。

物事を仕掛ける側の視点で捉えられるようになれば、良いアイデアが生まれたり、セレンディピティが得られるようになり、さらには思考力がメキメキと鍛え上げられていきます。

私の場合は、一見ビジネスとは無関係そうに思えるゲームからも良いアイデアやセレンディピティを得ることができています。

ゲームを「楽しむ」という視点から角度をズラして違う視点で捉えることで、普段見えてこないことが見えてくるのです。

これはゲームだけではありません。

ありとあらゆる場面で使えるのです。

仕掛けられる側の視点でしか物事を捉えられないようであれば、自分から仕掛けることは不可能になります。

なので、物事を違う視点で捉えることを常に意識してください。

これができれば思考力は間違いなく鍛えられていきますので。

脳の鍛え方のポイントとしては、「why」「how」この2つを考えるということ。

なぜこうなのか?

これをやるためにはどうしたらいいのか?

この2つを考えること。

この方法は、与沢さんも実践されている方法で、これができれば思考力は見違えるほど鍛え上げられていきます。

最初は慣れるまで難しいかもしれませんが、意識して物事を違う視点で捉えるようにすれば自然とできるようになっていくので、ぜひやってみてください。

思考力が見違えるほどに鍛えられることを約束します。

知識への投資は惜しまない


思考力を鍛えるもう1つの方法としては、知識への投資は惜しまずにたくさんのことを学ぶということ。

そして、インプットだけで終わるのではなく、アウトプットまできちんとすること。

知識というのは、アウトプットして初めて身につくもので、頭では分かっていても実際に行動してみるとできないことってあるんです。

アウトプットして初めて自分に足りないところが明確になるので、そこから次はどうすればいいのか?何を学ぶべきなのか?ということが分かってきます。

アウトプットして自分に足りない部分が明確になったら、その足りない部分をもう一度インプットしてアウトプットする。

こうすることで、インプットしただけの見せかけの知識ではなく、実際に使える知識がしっかりと身につき、思考力が鍛えられ、メキメキと実力がついてきます。

また、知識への投資を惜しまずにたくさんのことを学ぶということは、単純に知識量も増えていくということになります。

実際この知識量というのは非常に重要で、知識量が多ければ多いほどライバルよりも色んな切り口戦略を生み出すことができ、有利に戦うことができるようになるのです。

現に成功者を見てみると、この知識量がずば抜けて多い人達ばかりです。

なので、知識への投資は惜しまないでください。

自分が必要だと思った知識やスキルがあれば、積極的に学んでいくスタンスで行きましょう。

自分で言うのもあれですが、私の場合、積極的に学ぶことを意識し始めてから、以前よりも格段に思考力が鍛えられています。

まとめ


成功者と成功者ではない人の差は脳にあると言えます。

成功できない人間というのは、脳の筋肉がほとんど働いておらず、思考が停止しているのです。

では、成功脳を手に入れるためにはどうやって脳を鍛えればいいのでしょうか?

それは、物事を違う視点で捉えること意識するということです。

脳の鍛え方のポイントとしては、「why」「how」この2つを考えるということ。

なぜこうなのか?

これをやるためにはどうしたらいいのか?

この2つを考えること。

この方法は、与沢さんも実践されている方法で、これができれば思考力は見違えるほどに鍛え上げられていきます。

そして、思考力を鍛えるもう1つの方法としては、知識への投資は惜しまずにたくさんのことを学ぶということ。

それもインプットだけで終わるのではなく、アウトプットまできちんとすること。

アウトプットして自分に足りない部分が明確になったら、その足りない部分をもう一度インプットしてアウトプットする。

こうすることで、インプットしただけの見せかけの知識ではなく、実際に使える知識がしっかりと身につき、思考力が鍛えられ、メキメキと実力がついてきます。

また、知識への投資を惜しまずにたくさんのことを学ぶということは、単純に知識量も増えていくということになります。

実際この知識量というのは非常に重要で、知識量が多ければ多いほどライバルよりも色んな切り口、戦略を生み出すことができ、有利に戦うことができるようになるのです。

今回は、成功脳の鍛え方についてお話しましたが、私の無料メルマガではビジネス脳を鍛えるノウハウを始め、実践的なビジネス情報やブログでは公開していないビジネス情報なども無料で公開していますので、ご興味がある方はぜひ登録しておいてください。

八神蓮 公式メルマガはこちら←